TypeScript Definition Manager


TypeScript型定義ファイルの管理ツール(tsd 0.5~)の使い方
忘れてしまうのでメモ。
※tsd 0.3までと最新の0.5系ではコマンドが全く違います

インストール

npm install -g tsd

初期化

tsd init

定義ファイルのインストール

tsd query モジュール名 --action install

よく使うオプション
-r / --resolve (参照の依存関係を含める)
-o / --overwrite (上書き)
-s / --save (設定を保存)
-a / --action <name> (アクション)
    install (インストール)

オプションを省略せずに書いてたら長いので
tsd query モジュール名 -rosa install

使用例

tsd query node -rosa install
tsd query express -rosa install

tsファイルに定義ファイルの参照追加
typings以下にd.tsファイルがインストールされる
また、全てインクルードするために、tsd.d.tsも自動生成される

/// <reference path="./typings/node/node.d.ts" />
/// <reference path="./typings/express/express.d.ts" />
または
/// <reference path="./typings/tsd.d.ts" />